Planned Happenstance

M-GTA社会実装研究会(SIM)理事の山本です。Planned Happenstance、日本語で言うところの「計画的偶発性」とは何でしょうか。Planned Happenstance Theory は、スタンフォード大学のJohn D. Krumboltzが提唱した理論です。Planned Happenstance Theory(計画された偶発性理論)は、キャリアの8割は、偶然の出来事によって形成される/その偶然を自ら引き寄せるように働きかけ、キャリア形成の機会を積極的に創出していこう、というものです。

偶然を自ら引き寄せるためには、以下の5つが必要とされています。

  1. Curiosity: exploring new learning opportunities    好奇心:新しい学習機会を探る
  2. Persistence: exerting effort despite setbacks     持続性:挫折にもかかわらず努力をする
  3. Flexibility: changing attitudes and circumstances   柔軟性:態度や状況を柔軟に変えていく
  4. Optimism: viewing new opportunities as possible and attainable  楽観主義:どんな機会も楽観的に受け止める
  5. Risk Taking: taking action in the face of uncertain outcomes     リスクテイク:先が見えない場合でも、行動を起こす

私自身振り返ってみると、このM-GTA社会実装研究会(SIM)に携わることになったきっかけも、正にPlanned Happenstanceだったのかなと思うことが多いです。実は今日もそのPlanned Happenstanceを感じるような作業にこれから取り掛かるところです。この内容については、年末ぐらいに皆さんにご報告出来ると思います。

研究の場面でも、日常生活でも、前向きに、行動を起こしていくことで、幸福な偶然を引き寄せていけたら、素敵ですね。ご興味ある方は、Journal of counseling & Development 読んでみてください。良い週末をお過ごしください。

引用文献

Mitchell, K. E., Al Levin, S., & Krumboltz, J. D. (1999). Planned happenstance: Constructing unexpected career opportunities. Journal of counseling & Development, pp.115-122